勉強の仕方と試験の合格!TOP > 勉強の基本 > 英語の勉強の仕方

英語の勉強の仕方のノウハウ

■勉強法の極意がつまった指南書↓
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける
■ゲーム感覚で速読をマスター!速聴ソフトもついてくる
>> 合格の方程式

英語の勉強の仕方は、どのようにすることが、もっとも理にかなった方法なのでしょうか?

これには諸説があり、どれが正しいということは定かではないのかもしれません。たとえば以下のようなものです。

  • まず中学英語をマスターすること。それこそが英語の勉強の基本。
  • 日常生活を英語漬けにする。環境を変えることで自然と身に付く。
  • まずは読み(リーディング)をマスターする。
  • 外国の子供と同じように、ヒアリングから入る。

このように英語の勉強の仕方には、諸説があり、人によって主張することが異なっています。そのため、それぞれの主張に基づいた英語の勉強本が、市販の本屋にあふれ、これから勉強を開始しようという初心者は混乱するわけです。

結局は、英語の上級者にいわせれば、簡単に楽して英語をマスターしよう!という考え方が甘いのかもしれません。英文法もヒアリングもリーディングもライティングも、すべて均等に訓練してこそ、英語のマスターができると、上級者たちは考えるかもしれません。

私は、その人が英語というツールで何をしたいのかによって、英語の勉強の仕方が異なってくるように思います。

たとえば簡単な英会話でいいのなら、「ただ聞き流すだけ」というスピードラーニングもいいかもしれません。でもネイティブスピーカーの言っていることが完全にわかるようになりたいとか、通訳になりたいという人は、スピードラーニングでは不十分でしょう。

またインターネットの英語のホームページを読めるようになりたいという人は、読み(reading)を中心に勉強するといいかもしれません。このような人は、ネイティブの音声を長時間聴くトレーニングをしても、あまり役立ちませんよね?

このように、あなたが目指すものが何かによって、英語の勉強の仕方が変わってきます。ただ私個人の考えとしては、ヒアリングから入るのではなく、しっかりとした英文法を身につけることから入ったほうがいいのでは?と感じます。

というのは子供が言語をマスターするのは、言語脳というか、そういったものを使うからです。日本人の大人や学生が、これから英語などの外国語をマスターしようというときは、どうしても、すでにある「日本語の」言語脳を使用してしまうのです。

そのために、いったん頭の中で、英語を日本語に訳してから理解するというプロセスをとおってしまうのです。このため、ネイティブよりもワンテンポ遅れてしまうわけですね。

これから英語をマスターしようという人は、このような「すでにある脳の回路」をうまく利用したほうが、短期間で身に付くと思います。

もし、日本語脳を使わずに、外国の子供ように、「英語脳」を一から構築したいんだ!という人は、かなり苦労するかもしれません。日本語脳を使わないようにして、生活するしかないからです。日本語がまったく入る余地のない環境を用意するのです。

すべて英語を読み、聴き、また英語で考えるのです。
海外に行った人や、ながいあいだ留学した人は、周りが英語の環境なので、しぜんと話せるようになるように、日本にいたとしても、つとめて英語漬けにするのです。

このような方法も、英語の勉強の仕方としてはおもしろいかもしれませんね。ただし日本語の本が読めなくなるし、テレビや雑誌が読めなくなるので、ストレスがたまるかもしれませんが・・・。

英語の勉強の方法といっても、結局は王道はなく、自分であれこれ模索してくしかないのかもしれません。


■勉強法の極意がつまった指南書↓
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける
■ゲーム感覚で速読をマスター!速聴ソフトもついてくる
>> 合格の方程式
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

【コラム】
英語って日本人は苦手な人が多いようですね。まず中学生になると、英文法の勉強がはじまります。まず、これで日本人は英語に対する「いやなイメージ」を植えつけられるのかもしれません。
でも、ここで何とか英語の面白さを発見した人は、自分からすすんで、いろいろな映画を字幕なしで観てみたり、英語の発音教材や英会話スクールなどで、ネイティブの音声を興味をもって聴いたりするので、英語が苦手な人と、どんどん差がついていくことに。
英語が得意な人は、TOEICやTOEFL、英検(英語検定)を目指したりするので、素人からしたら、手の届かない高みにいってしまうわけです。英検には3級、準2級、2級、準1級、1級などとありますが、このように段階があることで、ますます挑戦したくなり、どんどんのめりこんでいくのです。
英語の勉強の仕方で、一番まずいのは、ひたすら英単語だけを暗記するような勉強法です。単語だけを覚えても、実際には何の役にも立ちません。また、ただ英語辞書を片手に、洋書を翻訳するような勉強法も、すこしずれているといわざるを得ません。これでは英語学習の面白さはとうていわからないでしょう。英語といっても学習の一種なので、すべての勉強に共通する「効率的な勉強法」が役立ちます。